« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月の9件の記事

2010年10月31日 (日)

パウチ交換日

昨日は週に2回のパウチ交換日でした。

来年にストマクローズオペをするので、パウチ交換をするのも、残り半年位の予定です。

私は幸いなことに、ストマになって2年半ですが、今まであまり大きなトラブルはありませんでした。

最初の年の夏こそ、オペの傷跡が赤くただれてしまって大変でしたが、それ以外はフランジから漏れてしまったりするトラブルも1回のみでしたので、あまり気にせずに日常生活が送れました。

日常的に体を動かす仕事なので、最初は腹筋をつかったり、体を伸ばしたりするとフランジが外れるんじゃないかと冷や冷やでしたが、今まで運動でフランジが外れることはないと実感できたので、あまり気にせずに体を使うことができます。

ただ、汗をかくとフランジの溶けるスピードが速くなるので、ちょっと危ないな~と思ったら1日早く交換すると安心ですhappy01

逆にフランジよりもパウチの方が、運動する時に違和感を感じますね。

運動するときはパウチを安定させたいので、二つ折りにして、ストマに当たらない位置に腹巻で固定をします。

私の場合は、イレオストミーでパウチがキャップタイプで硬いので、結構違和感があります。まあ、仕方がないですけどねsweat02

運動するときだけパウチを変えようかと思ったこともありますが、運動すると量が増えてしまうこともあるので、サイズが小さかったりストッパーが甘かったりして、大丈夫かな…と不安になるのが嫌だったので、私はそのままイレオストミー用のパウチを使っていました。

何であまりトラブルがなかったんだろう・・・と考えてみると、やっぱりフランジの交換時がポイントかもと思いますthink

といっても特にすごく工夫をしていたわけではなく、基本的なことを手を抜かずにしていただけですけど…coldsweats01

  • 週2回のフランジの交換日を守る
  • フランジを外した後の皮膚は清潔にして、夏場は蒸れないように、しばしそのまま放置する
  • フランジとストマとの隙間は0.5ミリまでに(鏡でチェックしながら)
  • フランジとストマの隙間はペースト又はパウダーで埋める
  • フランジを貼った後は、皮膚とフランジを密着させるように1分ほど手でなじませる
  • フランジの安定に体型は影響大なので、太らない
  • ちょっとおかしいな・・・と思ったら、早めにストマ外来を受診する

とこんな感じで、本当に超普通のことしかしていなかったのですが…。

昨日は疲れていたので、あ~パウチ交換面倒だな…と思いましたが、そんな誘惑に負けずにがんばって交換しました(笑)

そんな私ですが、色素沈着はやっぱり避けられず、おなかには丸く跡が付いちゃってますsweat02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月29日 (金)

昨日は本当に寒かった!

昨日は、本当に寒かったですねsweat02

雨・風・寒さの中、踊りのイベントを見に、昨日の夜はお出かけしました。

あまりに寒いので、ダウンを着ていきましたよ~bearing

踊りのイベントは、思っていたよりもイマイチで、少しガッカリでした…。

あまりの寒さで、身体が冷えてしまったらしく、夜中に久々の腹痛で目が覚めましたeye

夜、具合が悪くなるのは久々で嫌~な感じ。夏から痛めた右肩も痛くなって、ますますブルーに…。

この痛みの原因はいったい何sign02 夕食に食べた中華が原因なのsign02とグルグル考えたものの、あまりに痛いのでロキソニンと大建中湯を飲んじゃいました…。

だって、スッゴく痛かったんですものsweat01

今日は、幸いなことに仕事が午後からだったので、午前中は練習なしでのんびりして、出勤run

ストマは大丈夫だし、下痢もしてないから、たぶん身体が冷えちゃったのが原因だったのでは?と思います。

急なあまりの寒さに、身体が適応できなかったみたいsweat02

オペを控えているんだから、体調には十分に気をつけて、元気に毎日過ごせるように、心がけたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月28日 (木)

クローズオペ日

10月26日の火曜日に、再び横浜市民病院へ行ってきましたhospital

自分で色々考えて納得して、オペをすることに決めました。相方もいつかオペになるから早い方がいいと賛成してくれたので、決めたならさっさと済まそうと(笑)

やっぱり激混みのIBD科で、予約より1時間半遅れでの診察ですsweat02

でも、きっと全国から炎症性腸疾患の患者さんが来ているんだから仕方がないよね…と思ったりします。私なんて1時間で通えるんだから、有り難いと思わなくちゃねthink

K先生は急なお休みだったので、はじめてカリスマS先生とご対面sign01 K先生だと思っていたので、すごいドキドキしちゃいました。

S先生ってちょっとコワいのかな…と思っていたのですが、とてもフレンドリーでエネルギッシュで、結構好きなタイプかもsign02とか思っちゃいました(笑)

S先生と、私の大腸全摘オペをしてくれた先生とは、テニス友達だそうで、私も身体が資本の仕事なので、スポーツする人って、私の中では好感度高いんです。

仕事柄なのか、年齢にかかわらずエネルギーがある人って魅力的だな~と思うんですよね。(もちろん勘違いしている人は論外)

”今日はK先生いなくてゴメンね。チームで仕事していて、僕でも大丈夫だから”と明るい感じで言われ、

”この間、K先生と話をして、その後よく考えてオペを決意したので、オペ日など具体的な内容を決めたいと思ったんですが…”と話をしたところ

”オペ決めたんだsign01 じゃあ、早速オペ日とか決めようsign03 K先生は僕から話しておくから大丈夫sign01 僕も立ちあうからねsign03

と超ノリノリで、私の希望を聞いて、検査日や入院日、オペ日を決めてくれました。たぶん、今日はK先生の患者さんも診て、いつも以上に激務だと思うのに、すっごく元気&親切な感じで好感度大です。

そして、入院は来年の2月1日で、オペ日は2月4日の予定です。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年10月25日 (月)

久々のリフト

昨日は日曜日でしたが、仕事でデモントレーションで踊ってきました。

ストマで人前で踊ることにも、ずいぶん慣れたな…としみじみ思います。

ストマになって早2年半。最初の1年は、腹筋を使ってパウチが外れたらどうしよう~とか、踊っている最中にストマが活発になって、パウチが一杯になっちゃたらどうしよう…とか、足を上げた瞬間にパウチが見えたらどうしよう等、数限りなく不安で一杯。

プロとして、お金をもらって人前で踊っているにもかかわらず、全然集中はできないし、思い切って身体一杯に使えないしで、情けないことにsweat02

今では、リフトを踊りの中に入れられるようにまでなりましたsign01

といっても、持ち上げる男子は相当不安らしく”本当に大丈夫…”と何度も聞かれましたけどね。

比較的軽めで、一瞬負荷がかかるだけだったので、ぎりぎりセーフかな…と思って練習してみたら、大丈夫だったので久々に持ち上げてもらいました。

リフトは誰にでもできる技じゃないので、踊りの中に入れると”おお~っsign01”って感じになるんですよね。

やっぱり何事も取り敢えず試してみることが大切だと、実感…confident

でも、いつも上手くいくわけじゃないので、痛い目をみることもあると思いますけどねsweat01

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年10月18日 (月)

久々の焼肉ランチ

昨日のお休みは、相方と自由が丘へ焼肉ランチへ行きましたrun

最近ブームなのか(sign01)、自由が丘には手頃なお値段の焼肉ランチのお店がたくさんあります。

Lunch6 昨日は、前から気になっていた”和牛焼肉腰塚”へ行ってきました。

1階はお肉やコロッケなどの店舗で、2階がレストランになっています。最近できたお店なので、外観も内装もとてもキレイです。

あまりに高級感に、うかつに店舗に入れない雰囲気ですが、お昼のランチは6種類ほどあって、全部1300円位なのでお手頃です。

私はレディースランチで相方はカルビランチを頼みました。

ちょっと量が少ないかな…と思って食べ始めましたが、久々にちゃんとした国産のいいお肉を食べたので、意外にも食べ応えがあって、食べ終わった時は満腹でしたsign03

レディースランチは、サラダ、小鉢、キムチ、わかめスープ、ごはん、ロース・赤身のお肉、ゆずシャーベットと盛りだくさんの内容で、とっても満足。

少しづつ食べたい女子にはオススメですよnote

自由が丘でランチをして、のんびりお散歩して、リフレッシュしてきましたhappy01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月16日 (土)

しゃばけシリーズ

10月だというのに、まだまだ夏物が手放せないですね。東京は、今日も25℃の夏日です。秋はどこへ行ってしまったのでしょう…。

お仕事柄、身体を動かしている毎日です。でも、その反動なのか、踊りのためにスポーツクラブへ行ったり、自分のお稽古にでかけたりする以外は、なるべく家でのんびりしていたい…。

家でドラマを見たり、本を読んだりするのが、1番リラックスできます。部屋の片付けをしたり、家事をしたり等こまごました仕事も嫌いじゃありません。

そろそろ、新しいドラマが始まっていますが、どうも今回はイマイチな気がして、残念ですsweat02
誰か、オススメのドラマがあったら教えて下さいねnote

そんな私が最近オススメの本は、”しゃばけシリーズ”です。前々から気になっていて、1冊読んで見たら、すごく面白いsign02

ジャンルで言うと、ファンタジーだと思いますが、ファンタジーも時代物も、どちらかというとちょっと苦手…しかも妖怪が出てきちゃうなんてね…と思っていました。

が、食わず嫌いだったみたいで、私的に全然OKですっごく面白かったhappy01

なるほど~こういう世界もあるのね…っとちょっと新鮮でした。

文庫で出ているので、良かったら秋の読書シーズンに読んでみて下さいね。

今月は”しゃばけシリーズ”(畠中恵著)も”バチスタシリーズ”(海堂尊著)も新刊が出ていて、本当に買って読んでしまいたい衝動にかられます。

でも、文庫になるまで待ちますけどねcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 9日 (土)

家族の反応は…

翌日、すぐに市民病院電話したところ、1番近い予約日が10月末の週でした。やっぱり大体1ヶ月待ち位なんですねthink

本当は、再来週だと仕事の都合上、すっごく嬉しいんだけど、そうも言ってられないので、合間を見てチャチャっと行って参ります。

クローズオペをしようと思うんだけど…と家族に話をしたら、

相方は、直腸の炎症が続いているから、やっぱり遅かれ早かれオペをしなきゃダメっぽいと思ってた…だったら早い方がいいと思うよ

父は、ガン化の可能性が1割弱…オペするんだ…sweat02

下の妹は、どっちにしてもオペをしなきゃいけないなら、なるべく1回で覚悟を決めて、繋いじゃった方がいいよね

上の妹は、やっぱり小腸の癒着の状態で、全然難易度も術後の経過も違うよね。小腸は内視鏡できないから、開腹してみないと判らない事もあるし…。まず検査してみて、どんな状態でどんな方法があるのか、よく考えてみてから決めたら。

母は、やっぱり年齢も若いし、オペした方がいいかも…。大腸はダメだったけど、日常的に運動しているから、きっと小腸は元気だよsign01

という反応でした。UCの母が1番楽観的でしたcoldsweats01

しかも母は、自分の小腸でポーチを作るのではなく、器具を入れて小腸と繋ぐと思っていたそう…。妹に”違うよsign01自分の小腸を使うから、オペの難易度も難しいし、小腸の癒着の度合いや状態がすごく重要なんでしょ”と言われていました。

上の妹は、医療系専門の翻訳の仕事をしているので、1番専門的な話がわかります。私と違って、頭が良いんですよね~頼りになる妹ですhappy01

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年10月 6日 (水)

クローズオペする方向で

昨日、横浜市民病院のIBD科を受診してきました。

たぶん、待つだろうな…と思っていたけど、大体1時間位でK先生に診てもらうことができました。1時間位の待ち時間だと嬉しいですね。

K先生とはお会いするのは初めてにも関わらず、私の質問をよく聞いてくれて、親切に回答をしてくれました。

私、とりあえず確認したいことを一杯話してしまったので、さぞ”よく話すな~”と思われたと思います(笑)

しかも、紹介状の内容と私の説明のみという、かなり乏しい情報源しかないのに…。

私が聞きたかったことは2つあって、

1.大腸全摘出オペしてストーマになってからも、直腸の炎症が治まらずに下血が続いていて、リンデロンを日常的に使用しているけど、このままの状態が続いていて、大丈夫なのか?

2、クローズオペをする場合、IACAで1期オペは可能か?

のこの2つのこと。

お腹とお尻の触診をしてみたところ、お尻の筋肉や肛門の締り具合に問題はないので、確実とはいえないけど(検査をしないと)、IACAで1期オペの可能性は50%位とのこと。

直腸が炎症している状態が続いているのは、決していいことではないので、オペして切除すれば、下血などの症状はなくなるし、ガン化のリスクも低くなるのでオペを勧められました。(ガン化した後にクローズオペをした場合は、IAAしかできないそうです)

自然肛門できる(使える)状態にあるんだから(たぶんね)、将来的なことも考えてオペをした方が、個人的にはいいと思うよとアドバイスされました。しかも直腸の炎症が続いているなら、ガン化のリスクを常に気をつけていなければダメだしねと…。

たぶん、直腸の炎症が治まることはこの先ないような気がするので、ストマをどうするかよりも、直腸の方が心配なんですよね…。この先、何十年も炎症してたら、たぶんどっちにしてもオペをすることになると思うしthink

相方とも、同じくUCの母親とも話してみて、オペする方向性で考えることにしました。

ちょっと怖いし、どうなっちゃうのか不安だけど、どうせ切るなら早い方がいいと思うのでsign01

ということで、再びK先生に近々お会いすることになると思います。こんなことなら、昨日再診予約を取っておけばよかったsign02

オペを決めたら連絡してねって言われたけど、まさか翌日に連絡してくるとは思わないよねcoldsweats01

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年10月 5日 (火)

横浜は美味しい♪

今日、横浜市民病院のIBD科に初めて行ってきましたhospital

病気の話はまた後で書きますが、横浜駅の周辺ってお店がたくさんありますね。と言っても、西口周辺をちょこっと見ただけですが…coldsweats01

方向音痴の私にしては、ちゃんと下調べをしたので、めずらしく迷うことなく無事バス停に到着することができました。

でも、迷わなかったのは、西口のダイヤモンド地下街に行ったことがあったおかげかも…。

西口の地下街の先から地上に出たところに、ダンサー御用達の有名なチャコット横浜店があるので、横浜で唯一そこだけは行ったことがあったので。

帰りは夕飯の崎陽軒のシュウマイ弁当を買っていこうnoteと思っていたけど(横浜だったら、やっぱり崎陽軒ですもの)、地下をウロウロしていたら、美味しそうなお店がたくさんsign01

PAOPAOのシュウマイがすごく美味しそうだったので、明日のお弁当用に思わず買ってしまったので、夕飯は”たごさく”のおこわ弁当に。

そして、KALDIコーヒーみたいな、輸入食品をたくさん扱っているお店を見つけて、ふらっ眺めていたら、母が大好きで最近見かけなくなっちゃった~と言っていたチョコレートを発見したので、迷わず買いでしょと買ったりしていて等々

マズい…楽しいけど一杯買い物しちゃいそう…。

おかしいな…病院へ真剣に話をしに行ったはずなのに、なぜかたくさんお買い物をしてしまいましたcoldsweats01

でも、次に行くときは、横浜ハーバーのお菓子が気になるので、買いたいな(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »