カテゴリー「病気」の123件の記事

2011年9月 9日 (金)

きょうの健康

昨日は、女の子日で調子が悪かったので、早めに仕事を終えて、家でのんびりしていました。

今日は、昨日とは比べ物にならないほど元気で、ほっと一安心ですconfident

それにしても、今日はまたまた暑いですね~sun

昨日の夜は、ひさびさにNHKの”きょうの健康”を見ましたtv

今週のテーマは大腸がんで、昨日のテーマは”術後の悩み”

これはもしかして…と思ったら、やっぱり排便やストーマケアの悩みについてでした。

オペで大腸を切除した場合、結腸を切ったケースよりも、やっぱり直腸を切って繋いだ場合の方が、排便管理は大変だそうです。

でも、ポーチを作る話は全く出ていなかったので、私たちと違って直腸を切っても、溜める機能は低下するものの、大丈夫なんでしょうかね…。

オペ直後の排便回数は10回以上で、半年から1年で3、4回に落ち着くそうです。

”3回か~いいな~”って少し思っちゃいました。

きっと別の苦労があるんだろうな…とは思いますが…think

ストーマになった場合の管理や、装具についての説明もありましたが、全然イマイチって感じでした。

あれじゃ、漏れちゃいそう…と思いましたcoldsweats02

まあ、アナウンサーの人が装着の仕方を説明していたので、仕方がないとは思いますがsweat01

でも、少しでもストーマという言葉が浸透して、色んな人が理解してくれるようになれば、ちょっと嬉しいなと思います。

ただ、理解してもらえるだけでも、ぐっと気持ちは楽になりますよねconfident

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年8月29日 (月)

やっと行ってきました

昨日、今日と結構暑いですね~sun

そして、すご~く久しぶりの連休note やっぱりお休みっていいですね(笑)

ロペミン飲んでも、まだ便は少し水様気味ですが、お休みだし!と思って、これまた久~しぶりにケーキを買ったりしてみました。

Sweet4トイレ回数も8回位に落ち着いてきたので…。

アップルパイとモンブランです。

とっても美味しかったですが、予想通り、便はさらに水様気味に…think

覚悟の上だから、いいんですけどね…。

さきほど遅くなりましたが、特定医療疾患の継続手続きに、お役所へ行ってきましたrun

ふうぅ…やっと行けましたsweat01

病院から書類が郵送されてくるのが遅かった上に、今度は私の体調が悪くなっちゃって、のびのびになってしまいました。

やっと出せて、ちょっとスッキリconfident

たぶん大丈夫だと思うけど、無事に更新されることを祈るばかりですshine

そして、ついでに前から気になっていた、身体障害者手帳について確認してきました。

私は前の病院でストーマ増設をした時に、4級で手帳の交付をしてもらっています。

ストーマの時は、装具の補助を現物支給で受けていたので、すごく助かりました。その他は、年末調整時の医療費控除位で、他はこれといった給付は受けていませんが…。

手帳を返却するのも、何だか少しおかしいような気もしていましたが、どうなるんだろう…と思っていました。

聞いてみたところ、まだ術後間もなく病状が安定していないのなら、すぐに返却する必要はないとのこと。

もし、またストーマに戻す可能性があるのなら(たぶんないと思うけど)、もう少し様子をみてからの返却でいいそうです。

一度交付した手帳を、行政から無理に取り上げることはないとのこと。

病状が安定する目安(半年~3年位)の期間が、過ぎてからの返却でいいとのことでした。

あらっ意外と良心的なのね…と思いましたconfident

体調が安定して、病院にも年1回の受診でOKで、特定医療疾患の受給申請もしなくていいかな~と早く思えるようになりたいですねclover

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月26日 (火)

眼科受診

夏のパーティーイベント前に、耳の皮膚荒れが酷くて皮膚科を受診したと思ったら、今度は左目の下瞼が腫れてしまって…sweat01

韓流ドラマの見すぎで充血しているのかと(笑)、市販の目薬を差したものの、一向に良くならず…。

だんだん悪化してしまって、”もしかして、ものもらいかも…”と思って、かかりつけの目医者さんに行ってみたところ、何と1週間お休みsign01

学会出席だそうです…何と間の悪いことでしょうsweat02

さすがに1週間は放置できないので、比較的近くにある他の目医者さんに行ってきました。

近くだし、もう日が落ちているし~と思って歩いて行ったら、…やっぱり暑かったですcoldsweats01

診てもらったら、みごと予想的中で、ものもらいでした。

目薬をもらって、少しずつ良くなってきているので、ほっと一安心。

しか~し、”はじめてなので、診察の前に検査をさせて下さい”と言われて、内心必要ないのに~と思いつつ、視力検査や眼圧検査をされて、お薬込みで3,000円也。

何だか不必要な検査で、お金を取られたような気がして、ちょっと腑に落ちないな~と思いましたthink

でも、初めてなのに”検査はいりませんsign01”とも言いづらいですよね…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月18日 (水)

小腸って凄すぎ…

またまた、夜に”きょうの健康”を見ていたら、テーマは”ぼうこうガン”でした。

オペでぼうこうを全摘出した場合、ストーマを作って尿を排出する方法の他に、自分の小腸を使って、人工ぼうこうを作ることできるそうです。

ただし、最先端のオペ技術が必要で、かなり難易度が高いオペみたいですけど…。

私が、横浜市民病院で受けた”回腸婁肛門管結合”IACAも難易度の高いオペでしたが、これのぼうこうバージョンですね。

テレビでも、もしオペを受けたい場合は、症例数の多い実績のある病院を紹介してもらって下さいと言っていました。

それにしても、”小腸ってぼうこうにもなっちゃうわけsign01”とびっくりでしたcoldsweats02

直腸だけでなく、ぼうこうの代わりもしてしまうことができるなんで、小腸って凄すぎる…think

ただし、最初はリハビリが必要とのことでした。

そりゃそうでしょう…小腸だって突然、直腸やぼうこうの役目をしろって言っても、それは無理なのは当然。

それにしても、小腸ってすごい臓器なんだな~としみじみ思いました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年5月 3日 (火)

きょうの健康

たまに家に居て、興味のある疾患が特集の時に、NHKの”きょうの健康”を見たりします。

今週のテーマは”痔”で、私はまったく幸いなことに痔の気はないのですが、妹が学生時代からの痔持ちです。

しかも残念なことに、今年私がオペをした2月にUCを発症してしまい、現在は社会保険中央総合病院の吉村先生に診てもらっています。

現在、炎症は直腸で少量の下血のみです。腹痛や下痢などの症状はなく、体調はほぼ普段と変わらないそうです。

普通の人なら、見逃してしまうかもと思いますが、私と母を見ているので、”この出血は痔じゃない…ちょっとおかしい”と感じたらしく、すぐに母の通っている病院で内視鏡検査をしました。

母は軽度の直腸型なので、自宅近くの大き目の個人病院に通っています。

一応、潰瘍性大腸炎だと確定診断がついたのですが、そこの先生と治療方針が合わず、また痔のために内視鏡検査がすっごく辛かったらしくsweat01、病院を変えたいと相談されました。

私も専門医のいる病院でちゃんと見てもらった方が絶対にいいと思うので、じゃあ横浜市民病院と思いましたが、激込みで外科なので、まだ最終手段として残しておいた方がいいかも…と思ったりthink

IBD科のある内科で、なるべく痔の治療にも実績がある病院というと、私が思いついたのは社会保険中央総合病院でしたhospital

あとから、ブログに遊びに来てくれる、はるさんから横浜市大もお勧めだと聞いたので、そちらも行ってみるといいかも…と思っています。

私がストマだった時に、ストマ外来でお世話になった先生と看護士さんが、社会保険出身で、肛門科は実績があると聞いていたし、お二人ともすごくいい感じでした。

社会保険の吉村先生も、もちろん直接は存じ上げませんが、CCJAPANによく載っていたので、妹にはいいかな~と思ってconfident

さっそく行ってみたところrun、UCの治療方法も納得できるものだったし、ついでに大腸肛門科で痔も診てもらって、納得のいく診察だったみたいです。

ただ、妹は痔のオペでALTA療法が出来ればしたいと思っていたそうですが、”それは無理です”と言われて、がっかりしていましたsweat01

診てもらった先生は、何でも、若目で、茶パツで、金の指輪とネックレスをしていて、”え~っこの先生なの?”と妹は思ったらしいです(笑)

で、話が最初に戻りますが、昨日テレビに出ていた先生が、社会保険中央総合病院の先生で、若目でちょっと派手目で、茶パツでした!しかも、診察風景の時は、金の指輪も見えて…eye

”あれっ、これはもしかして…”と思い、実家に電話してみたら、大当たりsign01

妹は、”あの先生が部長なんて、超びっくり~sign01もっと下っ端かと思っていた(失礼sweat01)”そうです(笑)

妹曰く、”絶対に、髪の色はもっと明るかったから、テレビ用に控えめに染め直したに違いない”と言っていました。白衣も、もっとはだけた感じ(?)で、金のネックレスもしていたそう。

まあ、個人の趣味ですし、腕が確かなら問題ないんですけどね…。

人は、見た目で判断しちゃいけませんね(笑)

でも、私も茶髪でロンゲ、金の指輪とネックレスだったら、ちょっと嫌かも…。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年4月10日 (日)

横浜へ

ロペミンOFFにして、丸1日過ぎましたが、トイレ回数は8回前後に少し増えたものの、これ位だったら大丈夫そうです。

何だか毎日同じことを書いている気がしますが(笑)、Jポーチも肛門括約筋もお腹の傷も、回復するまで今少し時間がかかるので、無理しない範囲内で頑張ろうとconfident

そして、今日はちょっと頑張って、横浜へお出掛けしてきます。

横浜へ行くのは、市民病院に行く時以来です。

今日は同じUCのお友達とランチです。

今週は調子が悪かったので、行けるかどうか不安でしたが大丈夫そうで、ホッと一安心です。

楽しんできたいと思いますhappy01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年11月18日 (木)

"NHKきょうの健康”続き

昨日の東京は本当に寒かったbearing いきなり真冬の到来sign01という感じでした。

今朝は、予想よりもお天気が回復するのが早かったらしく、すっきり晴れて気持ちいいです。

今日は、スタジオが3時まで断水で、トイレが使えないので、朝の練習はなしにして、まだ自宅でのんびりしています。

でも、お昼には仕事が始まるので、3時まで持つのかちょっと不安…。どっか近くのトイレを借りるしかないですねthink

昨日は、ちょっと仕事が早く終わったので、8時半からの”きょうの健康”を見ました。

でも、特別これといって新発見があった訳ではなく、ふぅ~んといった感じ…。

ただ、UCの場合、炎症状態が長く続くとガン化するリスクが高くなると言っていました。

直腸炎症がず~っと続いて、ホントに毎日飽きずに下血が続く状態な私の場合、やっぱり切ってストマクローズした方がいいんだろうな~と改めて思いました。

健康な人の腸と炎症している人の腸の写真が出たけど、私の炎症写真の方がよっぽど凄いしインパクトがあったので、それが少し残念な気が…(笑)

もっと、凄くて大変なことになっちゃうのに~と思いましたcatface

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年11月15日 (月)

NHK”きょうの健康”

先週、発表会が終わったので、今週は何となく暇でのんびりです。

おかげで今日は仕事が早く終わったので、雨も降っていることだし、スーパーで買い物をして家に帰ってきましたhouse

結構、寒くなっているので、風邪をひかないように気をつけなきゃsign01と思います。そして、明日はもっと寒いらしいです。

我が家は新聞をとっていないので、”何か面白いテレビはやっているのかな~”と思って、ネットを見ていたら、

NHK”きょうの健康”の今週の特集は、大腸シリーズでした。

これはもしかして…と翌日以降の内容を検索していみると、17日(水)は潰瘍性大腸炎とクローン病の特集なのを発見eye

放送時間が、夜の8時30分~8時45分なので、ちょっと私は仕事で見るのが厳しいかも…。

新しい治療法の紹介もあるみたいなので、時間が間に合ったら見てみたいな~と思ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 6日 (水)

クローズオペする方向で

昨日、横浜市民病院のIBD科を受診してきました。

たぶん、待つだろうな…と思っていたけど、大体1時間位でK先生に診てもらうことができました。1時間位の待ち時間だと嬉しいですね。

K先生とはお会いするのは初めてにも関わらず、私の質問をよく聞いてくれて、親切に回答をしてくれました。

私、とりあえず確認したいことを一杯話してしまったので、さぞ”よく話すな~”と思われたと思います(笑)

しかも、紹介状の内容と私の説明のみという、かなり乏しい情報源しかないのに…。

私が聞きたかったことは2つあって、

1.大腸全摘出オペしてストーマになってからも、直腸の炎症が治まらずに下血が続いていて、リンデロンを日常的に使用しているけど、このままの状態が続いていて、大丈夫なのか?

2、クローズオペをする場合、IACAで1期オペは可能か?

のこの2つのこと。

お腹とお尻の触診をしてみたところ、お尻の筋肉や肛門の締り具合に問題はないので、確実とはいえないけど(検査をしないと)、IACAで1期オペの可能性は50%位とのこと。

直腸が炎症している状態が続いているのは、決していいことではないので、オペして切除すれば、下血などの症状はなくなるし、ガン化のリスクも低くなるのでオペを勧められました。(ガン化した後にクローズオペをした場合は、IAAしかできないそうです)

自然肛門できる(使える)状態にあるんだから(たぶんね)、将来的なことも考えてオペをした方が、個人的にはいいと思うよとアドバイスされました。しかも直腸の炎症が続いているなら、ガン化のリスクを常に気をつけていなければダメだしねと…。

たぶん、直腸の炎症が治まることはこの先ないような気がするので、ストマをどうするかよりも、直腸の方が心配なんですよね…。この先、何十年も炎症してたら、たぶんどっちにしてもオペをすることになると思うしthink

相方とも、同じくUCの母親とも話してみて、オペする方向性で考えることにしました。

ちょっと怖いし、どうなっちゃうのか不安だけど、どうせ切るなら早い方がいいと思うのでsign01

ということで、再びK先生に近々お会いすることになると思います。こんなことなら、昨日再診予約を取っておけばよかったsign02

オペを決めたら連絡してねって言われたけど、まさか翌日に連絡してくるとは思わないよねcoldsweats01

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年9月28日 (火)

いざ市民病院へ

やっと涼しくなってきたので、本当は夏の間に行こうと思っていた市民病院へ、来週行ってきますhospital

たぶん1ヶ月待ちだよね…と思って電話したら、意外にも来週の火曜日の外来予約が取れました。

でも、多分すっごく待たされると思いますけどcoldsweats01 覚悟して行ってきます。

それにしても、ちょうど来週の火曜日は仕事の都合もつくので、いいタイミングでしたhappy01

UCで有名な横浜市民病院へ、いざ出発sign03(オーバーですよね) そしてK先生とも初ご対面sign01

本当はK先生は初診を取らないそうですが、紹介状をS先生とK先生連名で書いてもらったことと、ちょっと知っている方の主治医がK先生(もちろん個人名は出さず)と伝えて、ムリヤリ入れてもらいました。

私、かなり方向音痴なので、ちゃんと病院へたどり着けるかどうかが、まず不安sweat02

横浜から、ちゃんと目的のバスに乗れるかな…sweat01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧